わきが対策の【殺菌剤・制汗剤】2つの効果を把握しておかないとヤバイ??

わきが殺菌剤 消臭剤 制汗剤 わきが対策

どうしても手術などの希望しない方は、対処療法でやっていくしかありません。

 

しかし、対処療法と言っても使う薬によって、効果も持続も全く違うので注意が必要となります。

 

どのような薬があり、どのような効能なのかお伝えしていきます。

 

 

・殺菌剤と制汗剤と消臭剤の役割とは?

わきが殺菌剤 消臭剤 制汗剤

まずはじめに、この3つの薬を使ったとしてもわきが治療とはなりませんのでご理解ください。あくまでも対処療法だという事になります。

 

殺菌剤を利用したとしても一時的な改善できません。有名なわきがの対処薬といえばデオドラント剤などが有名です。ですが色々なタイプがあるのできちんと把握しておく必要があります。

 

タイプは「殺菌剤」「制汗剤」「消臭剤」の3つに分ける事ができます。

 

・殺菌剤

わきがの原因である最近を殺してくれ、わきがのニオイの発生を抑える事が期待できます。

 

・制汗剤

汗の分泌を抑える効果があります。わきがは汗と密接な関係があるので、汗を抑える事でニオイ軽減を期待できます。

 

・消臭剤

消臭剤は発生したわきがのニオイを抑える働きがあります。

 

わきがの薬は大きく分けてこの3つになりますが、効果は殺菌剤>制汗剤>消臭剤の順で期待ができると思います。

 

今では直接幹部に塗るクリームタイプのデオドラントも発売していますので、クリームタイプのものが一番効果的で持続します。

 

中には香りつきの製薬品もありますが、管理人は無臭や無香料の方をおすすめします。

 

わきが製薬品は「殺菌剤」「制汗剤」「消臭剤」の3つ。一番効果的なのは殺菌剤でクリームタイプのものがおすすめ。
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました